性能&コスパの高い住まいを建てるなら!鴻巣市の注文住宅会社調査隊

HOME » 家を建てるときに知っておきたいこと~鴻巣市の場合~ » 住環境

住環境

埼玉県鴻巣市の住み心地や治安・アクセスなどの地域情報の他、住人の声や地盤等について掲載しています。

埼玉県鴻巣市はどんな街?

埼玉県のほぼ中央に位置し、古くから中山道の宿場町として栄えた鴻巣市。2005年に合併後、12万人の都市として生まれ変わりました。

市の土地面積は、約67.49平方メートルで、県内17番目の大きさ。南西部の秩父山地を源流とする荒川が流れ、関東ローム層や荒川沖積層からなる肥沃な土地は、気候にも恵まれているため、花卉や果樹などの栽培にとても適しています。

地盤は、基本的に安定しているが、下部の凝灰質粘土は部分的に軟弱になっていることがあるため、基礎補強対策が必要となる場合があります。

市のキャッチコピーは、「ひな人形と花のまち」で、全国的には、約380年のひな人形製作の歴史がある「ひな人形のまち」として知られており、近年では「花のまち」として有名になりました。

また、市内の最も大きな駅は、鴻巣駅で、JR高崎線と湘南新宿ラインが通っています。首都圏50km圏内という地理的条件に恵まれているので、東京のベッドタウンとして、また県央部の中核都市として現在も発展をし続けている街です。

鴻巣市の住みやすさ

鴻巣市は、都心からある程度距離があるため、地域全体にのんびりとした雰囲気が漂う街です。土地価格も比較的安く、持ち家率の高さもかなりのもの。保育園も充実していて待機児童はゼロ。子供をのびのび育てられる子育て環境が整っているため、ファミリー層の世帯の多い都市でもあります。

2014年度には東海道線東京・新橋・品川・川崎・横浜方面への直通が可能となるため、都内へのアクセスが良くなり、通勤・通学もさらに快適になることでしょう。

また、鴻巣市内には中山道(国道17号)が通っており、東北自動車道加須IC・羽生ICへのアクセスも良好。免許センターも市内にあるので、車を乗る人にとっては便利な地域だといえるでしょう。

鴻巣市の住人の声いろいろ

  • 鴻巣は田舎といえば田舎ですが、生活に不便さを感じることもなく、都会のようにセカセカしていなくて良い所だと思います。(30代:女性)
  • 免許センターが近くにあるので更新の際は助かります。鴻巣市と一口に言っても広いので、車があった方が生活に便利ですね。(40代:男性)
  • 土地価格も安く、治安も良いので子供をのびのびと育てられます。子育て世帯には良い環境ではないでしょうか。(30代:女性)
  • 鴻巣駅に直結したショッピングモールがあり、買い物にも便利です。2014年には東京・新橋・品川へも乗り換えなしで行けるようになるので楽しみです。(20代:女性)
  • 花の町と言われるように、市内のあちこちにお花畑があって、心が和みます。(50代:女性)
 
大満足の注文住宅を建てる会社を比較しましたin鴻巣市