性能&コスパの高い住まいを建てるなら!鴻巣市の注文住宅会社調査隊

HOME » 家を建てるときに知っておきたいこと~鴻巣市の場合~ » より安くおさえる設計ポイント

より安くおさえる設計ポイント

住宅をより安く建てるための設計のポイントを紹介します。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅は、広さが35坪程度で、1,000万円台、坪単価が20万円台~40万円台前半が一般的な、低予算の住まい。土地の価格は含まず、あくまでも建物本体のコストを様々な工夫で抑えようと取り組まれた住宅です。

とはいえ、安かろう悪かろうでは意味が無く、耐震性能や安全性、快適性をしっかり備えていることは不可欠。部材や設備の大量一括購入や、設計・施工システムの合理化、規格型住宅を作るなど、なるべく無駄を省いた中で、質の良さを確保していくのが、ローコスト住宅会社の腕の見せ所と言えるでしょう。

ローコスト住宅の設計ポイント

口コミ吹き抜けの目安は6m2

リビングや玄関に開放感を生んでくれる憧れの吹き抜け。床面積が狭くなるので贅沢な仕様とも言えますが、同時に1階の天井面積も少なくなるので、建築費は安くなります。

ただし、吹き抜けを施工しようとすると、足場を組まなければ届かない部分があり、その分工数が増えて建築費が増えることも。これらの費用を相殺すると、結局大幅に建築費を減らすことはできません。しかも、吹き抜けにすると、空間が広くなり、1階から2階までの空調による光熱費がかさむことも考える必要があります。

全てを考慮すると、吹き抜けの容積は、最大でも6平方メートルとするのがベストと言えます。

口コミ凹凸の無いシンプルな間取りが良い

家全体の平面図を見た時に凹凸のない四角い間取りで、2階建ての場合は1・2階が同じ面積の総2階建てにするのが、最も安く仕上げるコツです。

建物に凹凸が多いとその分外壁のスペースが増え、部材の量も手間も余分にかかり、コストアップしてしまいます。

口コミ空間を細かく仕切らない

オープンな間取りにすれば、壁やドア、照明器具やコンセントなどの材料費と、工事の際の人件費を抑えることが可能です。

口コミ開口:奥行きは1:1.5

ローコスト住宅の間口と奥行きのベスト比率は、1:15。これは、既製品の建材の比率が1:15なことが多く、安く建材を入手し易いという業者側の事情から。

同時に、その建材での施工経験を持つ大工さんが多いので、その分工数が減り、結果、建築費を値切り易いというメリットがあります。

口コミ浴室は1616タイプのユニットバスが◎

1616サイズのユニットバスは、各メーカーが必ず作っている規格。

最も多く出回っているため入手し易く、大量生産な分費用も安くなる可能性があります。

口コミ自力で頑張る

究極は、自分達で動くこと。床や壁の塗装を自分で行ったり、安い設備を自ら調達して、取り付けのみ依頼する等で、さらにコストを抑えられます。

ただし、何かトラブルがあっても自己責任となるので注意が必要です。

口コミメンテナンス性を考える

安くても丈夫で品質の良い部材を選ぶことは必須。耐久性の悪いものでは、修理の時期が早まるなど、結局ランニングコストがかかって費用がかさむことも。カタログ等で耐用年数を確認する、メーカーに直接問い合わせてメンテナンスの頻度や費用などを確認するとより安心です。

上記にコスト削減の方法を記しましたが、住まいは価格だけでは決められないのが現実。ライフスタイルや家を建てる地形によっても間取りが異なってくるので、価格ももちろんですが、施主の希望を汲んで柔軟に対応してくれる住宅会社に依頼するのが良いでしょう。

 
大満足の注文住宅を建てる会社を比較しましたin鴻巣市